Tako's Roomへようこそ
本文へジャンプ 1月17日 
マット
 快適な睡眠を得る為、テントの中に敷きます。地面からの冷気の遮断と地面の凹凸を吸収してくれます。ディスカウントストアーなどで良く見る、銀マットや空気を入れ膨らますタイプのもの、バルブを開くと自分で膨らむタイプ、その他ウレタンフォームの折りたたみのタイプなど様々あります。懐具合と相談して選ぶことになりますかね。

銀マット
ナンと言っても安さが1番。海だろうが岩場だろうが何処で使ってもへっちゃらです。ただ、嵩張るのが最大の欠点です。ところでこのマット、銀色側と其の反対とどちらが上か、分かりますか?

エアーマット
このタイプは膨らますのが大変!しっかり空気を入れておかないと就寝中、揺れて使いものになりませんん。また、穴が開いてしまうと如何し様もありません。しかし使い方さえ間違わなければ冷気の遮断も完璧で寝ゴコチも最高!ウォーターベットみたいと言ったら言い過ぎかな。。。

インフレ−ターマット
オートキャンプではマットは、このタイプにトドメを指すでしょう。バルブを開いておけば一人でかってに膨らんでくれるし、寝心地も快適!収納もバルブを開けて、くるくると巻けばコンパクト。唯一の欠点と言えば値段の高さか。

ウレタンフォーム
銀マットもウレタンと言えばそうなんだけど、、、表面加工に工夫を凝らしたり、ジャバラのように折りたためるタイプなど一番軽量で、手荒な取り扱いにもへこたれない為、登山などに良く使われます。

寒い時期には地面からの冷気の遮断がポイントです。下に段ボール一枚敷いただけで、ずいぶん違いますよ。
我が家ではファミリーキャンプの場合には、テントの中は1番下にキルティングマット、そして、その上に個人用マットを敷き、シュラフを広げ寝てます。